令和元年度 複式簿記導入促進特別研修


日時:令和元年9月12日 10:00~17:00

場所:グランデはがくれ「フラワーホールA」


 全国水土里ネット主催により佐賀市内(グランデはがくれ)において、県内土地改良区の役職員及び各農林事務所担当職員を対象に開催されました。
この研修会では、「新たな土地改良区会計基準や土地改良施設の試算評価マニュアルの 照会と減価償却について」九州農政局土地改良管理課・石村係長、「複式簿記の基礎知識や対し貸借対照表の作成方法について」全国土地改良事業団体連合会・金内主任からそれぞれ実例などを交えて説明されました。
また、平成30年4月に土地改良法が一部改正され、決算関係書類として現行の収支計算書等に加え「令和4事業年度から貸借対照表の作成・公表しなければならない」と義務化されることから、基本的な勘定科目の仕訳や仕訳等の実践演習について72名の受講者は 熱心に取り組まれていました。 


研修会カリキュラム


 10:10~10:40 土地改良複式簿記の基礎知識

 10:40~11:10 土地改良区における基本的な勘定科目と仕訳について

 11:10~12:00 土地改良区会計基準に基づく会計記帳実務

 13:00~13:50 新たな土地改良区会計基準について

 13:50~14:40 土地改良施設の資産評価マニュアルの紹介と減価償却の実務

 14:50~15:40 土地改良区特有の勘定科目及び仕訳について

 15:40~16:30 開始貸借対照表の作成方法について



お知らせ


佐賀県土地改良事業団体連合会は、ミラウド会計を導入しています。

 

このシステムは、土地改良区の会計に特化し、単式/複式を選択できる新土地改良区会計基準に基づいた会計処理(全国土地改良事業団体連合会発行土地改良区複式簿記会計の手引様式準拠)が行える操作性・機能性に優れた会計システムです。

 

 

デモ版をご覧になりたい方は、総務企画課(0952-24-6268)までお問い合わせください。体験版の接続情報をご案内します。