ニューズレター

ニューズレター · 18日 3月 2019
全国農地ナビ(フェーズ2)等の農地基本台帳のデータを水土里情報システムに取り込めるデータコンバートツールを開発。農地集積・集約に取り組む県市町村、農業委員会等が、本システム上での農地基本台帳の検索が可能となった。農地中間機構では、本システムの業務情報管理システムにて農地集積の構想作成に活用されることとなった。

ニューズレター · 27日 2月 2019
水土里ネット北海道では、多面的機能支払交付金において「地域資源保全情報記録システム(WebGIS)」を構築・運用し、活動組織の事務作業の効率化・負担軽減を図った

ニューズレター · 07日 2月 2019
県が許可を受けている農業用水(受益面積約1400ha,1800ha)の水利権更新において、必要水量確認のため作付品目を筆単位で調査を行い、受益地内のブロック(井筋・取水口)ごとに品目別の面積を集計し、GIS上でマップを作成

ニューズレター · 08日 1月 2019
水土里ネット愛媛では、平成30年7月豪雨災害において、水土里情報システムと増高申請支援システムを連携させ、水土里情報システムを用いて作成した字切り図の農地・耕作者情報を、増高申請支援システムに自動入力することにより、入力作業の効率化を図った。

ニューズレター · 21日 11月 2018
水土里情報システムを活用し、畑地かんがい用の給水栓の位置情報と、家屋・倉庫・畜産施設・山林原野の位置情報を結合し、火災発生時に防火用水の水源となる給水栓を有効に活用できる防災マップシステムを作成した。

ニューズレター · 23日 10月 2018
県内茶産地の茶園情報(傾斜度、耕作状況、基盤整備状況等)の可視化をすることにより、基盤整備による効果が見込まれる地域を明らかにし、政策的に基盤整備を推進する区域の選定に活用

ニューズレター · 04日 10月 2018
富山県が、GISを活用し、多面的機能支払交付金取組地区の空間情報を構築。各組織の取組状況の分析や優良事例の水平展開を図る取組を推進する。

ニューズレター · 23日 7月 2018
農地基本台帳や耕作状況・所有者年齢等の農地情報を水土里情報システムの筆ポリゴンに突合、取り込むことにより、農地の集積・集約化に必要な基礎資料等(所有者農地分布図・所有者年齢分布図等)を作成できるシステムを構築。

ニューズレター · 19日 6月 2018
県内の全土地改良区に対してGIS整備に必要な施設の位置を確認するため、無償で管内地図を提供し、土地改良区に手書きで施設の位置を記載してもらう取組を実施。これを基に土地連が土地改良施設のGIS化を行い、水土里情報システムを活用した土地改良施設台帳の整備を推進する。

ニューズレター · 19日 6月 2018
水土里情報システムを活用して、町内に散在する空家の位置データを入 力し属性データには所有者等の家屋状況、間取り図や外観等の写真ファ イルを格納し、市町村内の空き家管理に利活用

さらに表示する